2020.3.23 10:02

青学大・原監督、政界進出狙っていた!?高校野球指導者にも興味「甲子園Vできそう」

青学大・原監督、政界進出狙っていた!?高校野球指導者にも興味「甲子園Vできそう」

青学大・原晋監督

青学大・原晋監督【拡大】

 青学大陸上競技部の原晋(すすむ)監督(53)が22日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜後9・0)に出演。ネット上の噂について真相を明かした。

 今年1月の第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)で、チームを2年ぶり5度目の総合優勝に導いた原監督。ネット上では「政界進出を考えている」「箱根の次は甲子園制覇を狙っている」という噂がささやかれているといい、“参考人”として登場した妻で、寮母として部員を支える美穂さんとともに噂の真相を告白した。

 「政界進出」について、原監督は「本当です」と肯定。「非公式で、5年前に初優勝して以降、そういった話をいただいた。私の人生の中で、国政に出て日本の教育を変えたいという思いもありました」と明かしたが、MCを務めるお笑いコンビ、フットボールアワーの後藤輝基(45)に「そのまま進むってことですか?」と問われると「いえいえ、それはありません」と、あくまでも過去の話であることを強調した。

 しかし、美穂さんは「今はありませんって言っていますけど、その時はノリノリで。『やろうかな~』みたいな。家で演説まで始めました」と暴露。「(政界進出を目指すなら)勝手に一人で行ってくださいっていう。“政界進出離婚”ってスキャンダルになって、受かりませんね」と冗談めかし、スタジオを笑わせた。

 さらに「甲子園制覇を狙っている」という噂も「本当です」と認め、「アマチュアの2大スポーツって、箱根駅伝と高校野球だと思っているんですよ。箱根駅伝は勝ちましたんで、次に甲子園で優勝させたら、こんな監督いませんよね? できそうな気がするんですよ、僕」と自信満々。野球経験はないというが「実際、私も箱根駅伝出場したことありません。指導もしたことありません。それが箱根駅伝優勝ですからね」とカメラに向かってドヤ顔を決めた。

 夫の野望に美穂さんは「せっかく一から作り上げたっていうところで、また一からかってなると…」と渋い表情。レギュラー出演する本村健太郎弁護士(53)から「よくあるのは、ご主人がなんでもかんでも勝手に自分のやりたいことを決めてしまって、奥さんに事前に相談しないケース。即離婚ですよ、これは」と指摘され、夫婦で爆笑していた。