2020.3.19 18:07

五輪代表選考、日本選手権2冠など4つの条件つきで2種目可/陸上

五輪代表選考、日本選手権2冠など4つの条件つきで2種目可/陸上

 日本陸連は19日、東京都内で理事会を開き、男子の100メートルと200メートルの出場について、日本選手権2冠など4つの条件の突破を前提に認めることを戦略という形で承認した。東京五輪の400メートルリレーに注力するための策で、当初検討していた「原則1種目」に絞るという代表選考案は要項に盛り込まなかった。

 他の条件は、100メートルと200メートルの記録が五輪の決勝に進出する水準に達し、リレーにも出場する意思があり、強化合宿や遠征に参加すること。日本陸連の麻場一徳強化委員長は「戦略は申し合わせ事項。あえて公表した。現場からの反対はない」と強調した。条件を満たした選手については、指導者らとの話し合いの上で2種目のエントリーを後押しする。

 東京五輪では、100メートルの代表は必ずリレーにエントリーする必要があり、人数は前回のリオデジャネイロ五輪の6人から5人に減った。競技日程も詰まっており、選手の負担が大きいことが懸念される。日本陸連強化委員会は、金メダルを目指すリレー代表に万全な状態で臨ませるため、個人種目の出場を制限する要項を昨年12月の理事会で提案。選手側から反発の声も上がったため、選手の指導者などと協議を重ねてきた。

 麻場強化委員長は「男子の400メートルリレーは特別な位置づけ。(掲げた戦略は)金メダルに向かっていく体制の表れ」と話した。