2020.3.11 11:40

八村塁、12得点&7リバウンドで復調へ手応え「自分のやるべきことができた」/NBA

八村塁、12得点&7リバウンドで復調へ手応え「自分のやるべきことができた」/NBA

ニックス戦の第1クオーター、攻め込むウィザーズの八村=ワシントン(共同)

ニックス戦の第1クオーター、攻め込むウィザーズの八村=ワシントン(共同)【拡大】

 米プロバスケットボールNBAは10日、各地で行われ、ウィザーズの八村塁は本拠地ワシントンでのニックス戦に先発し、28分35秒の出場で3試合ぶりの2桁となる12得点と7リバウンド、2アシストをマークした。チームは122-115で勝った。鼠径部の負傷から復帰後、16試合連続の先発となった。

 前の試合で無得点に終わった八村は前半から力強いプレーを見せ、3試合ぶりとなる2桁の12得点。新型コロナウイルスの感染拡大防止策としてロッカールームは閉鎖され、記者会見場で取材に応じた八村は「自分のやるべきことがきょうはできた」と、復調への手応えを強調した。

 試合開始早々にダンクシュートを決めて勢いに乗った。体当たりで守ってきた相手をかわし、ボードにボールを当ててシュートを沈め、後半も当たり負けしなかった。

 ブルックス監督は試合前に「(フィールドゴールが決まらない試合があることは)選手として成長するために乗り越えなければならないこと。すぐに立ち直るだろう」と話していた。チームも逆転勝ちし、八村が立ち直るきっかけをつかんだ。(共同)

  • ニックス戦を前に練習するウィザーズの八村=ワシントン(共同)