2020.3.10 05:03

一山、新厚底でメダルだ!ストライド走法との相性の良さ強調/マラソン

一山、新厚底でメダルだ!ストライド走法との相性の良さ強調/マラソン

快走から一夜明けて清々しい表情で会見に臨む一山

快走から一夜明けて清々しい表情で会見に臨む一山【拡大】

 名古屋ウィメンズマラソンを日本勢国内最高記録の2時間20分29秒で制し、東京五輪代表に決まった一山麻緒(22)=ワコール=が一夜明けた9日、名古屋市内で記者会見を行った。ナイキ製厚底シューズの新作を履くニューヒロインは、ストライドを生かした走法との相性の良さを強調。メダルの期待が膨らむ五輪でも着用し、日本の復活を世界に印象付ける。

 春風のように穏やかな雰囲気は、一躍脚光を浴びても変わらない。早朝のランニングを終えて会見に臨んだ一山は、やっぱり一山だった。

 「見える景色が変わったということはない。今日は良い天気だなと思いました」

 30キロすぎからアフリカ勢を置き去りにし、最後の五輪切符をさらった。届いた祝福の連絡は200件近く。返信し切れず、睡眠は3時間ほどにとどまったという。

 ワコールの永山忠幸監督(60)による5キロ×8本といった「鬼メニュー」で力を蓄え、好記録に結び付けた。足元を支えたのが、ナイキ製厚底シューズの新作だ。東京マラソンで日本記録を塗り替えた大迫傑(ナイキ)も愛用。ワコールが用具提供を受けるアディダス製を着用していたが、2月の丸亀国際ハーフから長距離界を席巻する一足に履き替えた。

 底にスプーンのような形のカーボンプレートが内蔵されている。足を接地するとプレートが曲がり、元に戻ろうとする反発力が働く。履きこなすには一定の脚力が必要。女子の着用は男子ほど目立たないが、大きなストライドを生かして地面を蹴る一山は「履いた感じが心地いい」と相性の良さを強調した。

 日本女子は野口みずきが金メダルに輝いた2004年アテネ大会を最後に、五輪では表彰台はおろか入賞からも遠のく。その野口が保持した日本勢国内最高を塗り替えた快走から、メダルの予感が漂う。「(シューズは)うまく履きこなせた。東京五輪もこのままいきたい」。なじみの一足で日本マラソン界を復活させる。(鈴木智紘)

  • 早朝のランニングを終えてストレッチを行う一山麻緒
  • 名古屋ウィメンズマラソン優勝から一夜明け、ジョギングする一山麻緒=9日、名古屋市
  • 名古屋ウィメンズマラソン優勝から一夜明け、記者会見する東京五輪女子マラソン代表に決まった一山麻緒=9日、名古屋市