2020.3.9 11:03

福士加代子、現役続行に含み「やめるやめる詐欺なので」/マラソン

福士加代子、現役続行に含み「やめるやめる詐欺なので」/マラソン

レースから一夜明けて記者会見した福士加代子

レースから一夜明けて記者会見した福士加代子【拡大】

 東京五輪女子代表が出そろった8日の名古屋ウィメンズマラソンで途中棄権に終わった37歳の福士加代子(ワコール)が、レースから一夜明けた9日、名古屋市内で記者会見を行った。

 競技人生の集大成として、トラック種目を含めて5大会連続の五輪出場を目指した。進退については「とりあえず休む。まだ分からない」とした上で、「やりたくなったらやる。やめるやめる詐欺なので。やっぱり走るのは面白い」と現役続行に含みをもたせた。

 25キロすぎに棄権した1月の大阪国際に続き、尾張路でも30キロすぎで無念の決断を下した。冷たい雨に打たれて体が震え、足が動かなかったという。レース後は取材に応じなかった。

 国立競技場が舞台となるトラック種目で五輪を目指す道は残る。「新国立で走ってみたい気持ちはある。体と心に聞いて、監督と相談して決めたい」と語った。