2020.3.5 19:39

興行中止を4月15日に延長 中谷潤人の世界戦も延期/BOX

興行中止を4月15日に延長 中谷潤人の世界戦も延期/BOX

 日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会(JPBA)は5日、新型コロナウイルスの感染拡大で決めた国内の興行の中止期間を3月末から4月15日に延長すると発表した。4月4日に東京・後楽園ホールで予定されていた世界ボクシング機構(WBO)フライ級王座決定戦、中谷潤人(M・T)-ジーメル・マグラモ(フィリピン)は延期される。4月16日以降の開催可否は3月13日に検討する。

 無観客での試合実施は条件付きで認める。4月5日の東日本新人王予選は無観客で開催する。

 またJBCとJPBAによる「新型コロナウイルス対策連絡協議会」を設置。加盟する各ジムに小中高生の練習、入館を禁ずるなどの感染対策を要請した。