2020.3.3 05:04(1/3ページ)

大迫、ケニアから東京プラン!悲願メダルロードはマラソン聖地スタート

大迫、ケニアから東京プラン!悲願メダルロードはマラソン聖地スタート

東京マラソンから一夜明けて会見する大迫。五輪へ再びケニアで高地トレを行うことを示唆した(撮影・今野顕)

東京マラソンから一夜明けて会見する大迫。五輪へ再びケニアで高地トレを行うことを示唆した(撮影・今野顕)【拡大】

 五輪メダルへ聖地合宿へ! 東京マラソンで日本新記録となる2時間5分29秒をマークし、東京五輪代表入りを有力とした大迫傑(28)=ナイキ=がレースから一夜明けた2日、東京都内で会見を行った。最終選考会となる8日のびわ湖毎日で記録を塗り替える選手がいなければ代表に決定。勝負の夏に照準を定め、日本新に結び付けたケニア合宿を再び敢行する可能性を示唆した。

 張り詰めた緊張の糸を緩め、解放感に包まれた。大勝負から一夜明けた大迫に、色濃い安堵(あんど)がにじんだ。

 「一つ終わって、ほっとした」

 東京マラソンでは自らの日本記録を21秒更新。2時間5分29秒で日本勢最高の4位となった。8日のびわ湖毎日で、さらに速い選手が出なければ代表入りが決まる。相応の力を持つ出場ランナーは見当たらず、五輪切符はほぼ手中に収めているといえる。

 数週間の休養をはさみ、勝負の夏に照準を定める。強化の鍵となりそうなのがケニア・イテンでの練習だ。昨年12月中旬から2カ月半に及んで高地合宿を張った地で、日本新に結び付けた。軸足は拠点の米国に置くが、再びマラソン大国で腕を磨く意向を持つ。

【続きを読む】

  • ケニアの中でも「マラソンの聖地」とされるイテン。大迫の日本新記録もここでの高地トレの効果が大きかった(ゲッティ=共同)