2020.3.1 05:01

八村塁、10戦連続の先発で15得点7リバウンド/NBA

八村塁、10戦連続の先発で15得点7リバウンド/NBA

3点シュートを決めるウィザーズの八村=ソルトレークシティー(共同)

3点シュートを決めるウィザーズの八村=ソルトレークシティー(共同)【拡大】

 NBA(28日=日本時間29日、米ユタ州ソルトレークシティーほか)ウィザーズの八村塁(22)は敵地ソルトレークシティーでのジャズ戦に先発出場し、15得点、7リバウンドだった。負傷から復帰後、10試合連続の先発。チームは119-129で敗れた。グリズリーズとツーウエー契約を結ぶ渡辺雄太(25)は本拠地メンフィスでのキングズ戦に途中出場し、4分22秒のプレーで無得点。チームは101-104で敗れた。

 ウィザーズは高い攻撃力を誇るジャズ戦に向け「ディフェンスが鍵」と気合を入れていた八村が、第1クオーター残り約3分でスチールを決めた。こぼれ球を確保すると、速攻を仕掛けて自らダンクシュート。勝ち星は手にできなかったが「そういうところ(守備)はできた」。5試合連続2桁得点となる15点に、自己最多の3スチール。主力として堂々の成績を残している。

  • ジャズ戦で、攻め込むウィザーズの八村(右)=ソルトレークシティー(NBAE提供・ゲッティ=共同)
  • ジャズ戦でシュートを狙うウィザーズの八村=ソルトレークシティー(NBAE提供・ゲッティ=共同)
  • ジャズ戦の第1クオーター、シュートを決めるウィザーズの八村=ソルトレークシティー(共同)