2020.2.29 05:03(2/3ページ)

東京マラソン、五輪ラスト枠かけ3・1号砲!最有力・大迫、目標あえて設定せず「誰よりも速く」

東京マラソン、五輪ラスト枠かけ3・1号砲!最有力・大迫、目標あえて設定せず「誰よりも速く」

司会者の質問に答える(左から)大迫傑、設楽悠太の各選手=東京都新宿区(撮影・古厩正樹)

司会者の質問に答える(左から)大迫傑、設楽悠太の各選手=東京都新宿区(撮影・古厩正樹)【拡大】

 昨年大会は冷たい雨で体が動かず途中棄権。目標タイムをフリップに記すよう求められると「2時間?分?秒」と、あえて設定しなかった。「誰よりも速く走ることにしか集中していない。代表の座を勝ち取る」。不安を一掃する走りで、明るいニュースを列島に届ける。 (鈴木智紘)

 主催 東京マラソン財団

 共催 日本陸上競技連盟、東京都、フジテレビジョン、産経新聞社ほか

 後援 サンケイスポーツほか

 主管 東京陸上競技協会

 特別協賛 東京メトロ

全日本実業団対抗駅伝4連覇中の旭化成エース、村山謙太「残り1枠をどう取りに行くかだけを考えて練習してきた。日本記録をターゲットに頑張りたい」

12年ロンドン五輪5000メートル、1万メートル代表の佐藤悠基(日清食品グループ)「世界中が大変な中、走るチャンスを与えてもらったことに感謝したい。当日は走りながら臨機応変に対応したい」

18年ジャカルタ・アジア大会代表の園田隼(黒崎播磨)「前半はくらいついて、後半が勝負。自分の全力を出して順位を狙い、タイムを出したい」

MGC16位の山本憲二(マツダ)「やるべきことはすべてやってきた。2グループ(第2集団)で走りたい」

19年アジア選手権覇者の神野大地(セルソース)「日本記録を狙うのは大変。そこよりも、やってきた成果を結果に出せるようにしたい」

【続きを読む】

  • 強気、マイペース、そして「?」。それぞれ目標タイムを掲げた左から大迫、設楽悠、井上(撮影・古厩正樹)
  • 撮影に応じる(左から)大迫傑、設楽悠太、井上大仁=東京都新宿区(撮影・古厩正樹)