2020.2.29 05:02

設楽は自然体「プラン決めない」2年前の自分超えへまずは楽しむ/マラソン

設楽は自然体「プラン決めない」2年前の自分超えへまずは楽しむ/マラソン

 東京五輪男子代表の残り1枠を争う東京マラソンが、3月1日に号砲が鳴る。有力選手の記者会見が28日、東京都内で行われた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で一般参加が見送られた中、日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=は列島を勇気づける力走を誓った。設楽悠太(28)=ホンダ、井上大仁(ひろと、27)=MHPS=らは逆転の五輪切符を狙う。

 のらりくらり。壇上の設楽悠は、いつもの設楽悠だった。目標タイムは2年前のこの大会で当時の日本新記録となった自己記録より1秒速い「2時間6分10秒」。残り1枚の五輪切符奪還は、自然に任せるスタンスだ。

 「レースプランや目標タイムを決めて走るタイプじゃない。自然に走れば記録はついてくる」

 日本記録の2時間5分50秒を上回れば3枠目の候補となるが、かねてから2時間4分台が出なければ代表を辞退する考えを表明している。五輪については「意気込みとかはない。まずは楽しんで走りたい」と周囲の期待をさらりとかわした。

 一方、ライバルの大迫について質問が飛ぶと熱を帯びた。「大迫は同期で、彼の走りが一番のモチベーションになっている。大学の時と比べてやっと同じスタートラインに立てた」。2年前の自分自身に勝つことは最低条件。設楽悠が気の向くままにレースに挑む。