2020.2.28 09:38

松岡修造氏、恵美子夫人からクレーム「1000分の1でいいから家族を応援して」

松岡修造氏、恵美子夫人からクレーム「1000分の1でいいから家族を応援して」

松岡修造氏

松岡修造氏【拡大】

 元プロテニス選手、松岡修造氏(52)が27日放送のフジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」(木曜後9・0)に出演。妻で元テレビ東京アナウンサー、田口恵美子さん(54)から受けたクレームを明かした。

 熱すぎる応援が大人気で、2020年東京五輪では日本選手団の応援団長を務める松岡氏。この日も「僕は応援が生きがいなんですよ」とし、五輪についても「僕が決めているのは、2020東京オリンピック・パラリンピックが終わったら、灰になる」と力を込めていたが、応援がきっかけで夫人からクレームを受けているという。

 恵美子さんとの間に2人の娘と1人息子をもうけている松岡氏。夫人については「アナウンサーでもあるんですけど、ディレクターだったんですよ、元々。だからよくできる。学校もトップで出たし、ハーバード大大学院も行ってるし、僕自身にないものをたくさん持っていたんです。この人と一緒になったら、僕は絶対幸せになれるって思ったんです」とべた褒めし、「結婚する時に『僕は幸せになる自信がある。でも幸せにする自信はない』と言いました。(当時、妻は)笑ってましたが、でも今は『本当だったね』って」と自虐。さらに「うちの妻がよく言うのは『その1000分の1でいいから、自分の家族を応援してくれ』って」と明かし、「自分ではしてるつもりなんですよ。でもやっぱり“つもり”と、子供の思いは違うんでしょうね」と反省した。

 また、長男(16)と外食した際のエピソードも披露。隣席だった一般客から帰り際に「お父さんの息子なんていいな」と言われて「お父さんは大変なことをしてるんだぞ。人を騙してる。本当のお父さんをみんな知らない」と怒っていたのだという。