2020.2.28 05:01

プロボクシング、コロナ対策し興行実施 セコンドはマスク&手袋/BOX

プロボクシング、コロナ対策し興行実施 セコンドはマスク&手袋/BOX

セコンドもマスクをつけてリングに上がった

セコンドもマスクをつけてリングに上がった【拡大】

 プロボクシング(27日、後楽園ホール)新型コロナウイルスの感染拡大でイベントの中止・延期が相次ぐ中、プロボクシングの興行が27日、東京・後楽園ホールで行われた。当日券の販売は中止されたが、前売り券の購入者1009人が来場。感染防止のため入り口やトイレに消毒液が置かれ、主催者はマスクの着用を呼びかけた。

 セコンドもマスクと手袋をつけてリングに上がる厳戒態勢の中、活動休止となった協栄ジムの選手らで再出発した協栄新宿ジムの青木勇人(34)が50キロ契約の4回戦で2回TKO勝ち。ジムの初陣を飾り、「ほかの競技が全部流れていたのでやばいかなと思った。試合ができてよかった」と笑顔を見せた。3月の国内の試合は中止、延期が決まっている。 (尾崎陽介)