2020.2.16 01:00

木村翔、再起戦で2回TKO勝ち「もう一度、世界一に返り咲く」/BOX

木村翔、再起戦で2回TKO勝ち「もう一度、世界一に返り咲く」/BOX

 プロボクシングの元WBO世界フライ級王者の木村翔(31)=花形=が15日、再起戦となる113ポンド(約51・2キロ)契約10回戦(フィリピン・マニラ)に臨み、元WBO世界ミニマム級王者のメルリト・サビーリョ(36)=フィリピン=に2回TKO勝ちした。

 渾身(こんしん)の左フックが相手をとらえると、サビーリョはリング中央で大の字になって長い間立ち上がることができなかった。

 「フィリピンで試合をさせてもらってとても感謝している。フィリピンの応援は温かかった」

 1回からプレッシャーをかけて主導権を握ると、ロープ際に追い詰めて連打。ラウンド終盤には左フックが当たって相手が倒れたようにも見えたが、スリップの判定となった。

 2回も前半は木村が左フックからの右ボディー、さらには右のオーバーハンド2連打などで攻め立てる。すると、サビーリョは左アッパーから大振りの右フック5連発で猛反撃。その後も無謀な大振りの連打を繰り出す。ディフェンスがおろそかになった相手に対して、木村は強烈な左フックを浴びせる。バランスを保てずにキャンバスに落ちたサビーリョ。レフェリーはノーカウントで試合を止めた。

 再起を果たした木村は「次の試合はマネジメント次第だが、世界戦ができるようにしっかり精進して頑張る。今年はもう一度、世界一に返り咲く」と意気込んだ。

 2017年7月にWBO世界フライ級王座を獲得した木村は、2度防衛したが、18年9月に田中恒成(24)=畑中=に敗れて王座陥落した。19年3月の再起戦で勝利するも、5月のWBA世界ライトフライ級タイトルマッチで判定負けしていた。