2020.2.15 18:50

八村、大学時代の仲間とプレー「BCとプレーできて楽しかった」/NBA

八村、大学時代の仲間とプレー「BCとプレーできて楽しかった」/NBA

米国選抜戦の第2クオーター、シュートを決めたドンチッチと喜ぶ世界選抜の八村(右)=シカゴ(共同)

米国選抜戦の第2クオーター、シュートを決めたドンチッチと喜ぶ世界選抜の八村(右)=シカゴ(共同)【拡大】

 米プロバスケットボールNBAで、プロ2年目までの若手が世界選抜と米国選抜に分かれて対戦する「ライジング・スターズ」が14日、シカゴで行われ、ウィザーズのルーキー八村塁が日本選手として初めて世界選抜で出場し、約20分のプレーで14得点、7リバウンドだった。試合は世界選抜が131-151で敗れた。

 世界選抜には八村がゴンザガ大時代にチームメートだったカナダ出身のクラーク(グリズリーズ)も選ばれた。八村は「BC(クラークの愛称)とプレーできて楽しかった」と、久々の感覚を楽しんだ様子だった。

 リーグで9日に戦い、その試合後にクラークが八村について「生涯の仲間。大事な友達と対戦するのはいつも最高」とツイッターにつづるほどの仲だ。第1クオーターには八村からのパスでクラークがダンクを決めるなど、息の合ったプレーを見せた。(共同)

  • 米国選抜戦で攻め込む世界選抜の八村(右)=シカゴ(USATODAY・ロイター=共同)
  • 米国選抜戦の第2クオーター、ダンクシュートを決める世界選抜の八村=シカゴ(共同)
  • 米国選抜の若手と対戦する「ライジング・スターズ」を前に練習する世界選抜の八村=シカゴ(共同)