2020.2.15 13:09

八村塁は前半14得点、7リバウンド ライジング・スターズ/NBA

八村塁は前半14得点、7リバウンド ライジング・スターズ/NBA

米国選抜戦の第2クオーター、ダンクシュートを決める世界選抜の八村=シカゴ(共同)

米国選抜戦の第2クオーター、ダンクシュートを決める世界選抜の八村=シカゴ(共同)【拡大】

 米プロバスケットボールNBAで、プロ2年目までの若手が世界選抜と米国選抜に分かれて対戦する「ライジング・スターズ」が14日、シカゴで行われ、ウィザーズのルーキー八村塁が日本選手として初めて世界選抜で出場し、約20分のプレーで14得点、7リバウンドだった。試合は世界選抜が131-151で敗れた。「どれだけ走ってゴールに向かえるかだった」と点の取り合いを振り返った。

 八村はこの日の午前中に取材に応じ「この舞台に来ることができてすごく楽しみ。僕のダンク、ミドルシュートを見せられたらいい」と笑顔。試合でも力強いダンクを連発して得点を重ねた。

 世界選抜は八村の他、スロベニア出身で2年目のドンチッチ(マーベリックス)、カナダ出身でゴンザガ大時代に八村とチームメートだったクラーク(グリズリーズ)ら、米国選抜は八村とドラフト同期で全体1位指名のウィリアムソン(ペリカンズ)らが出場した。(共同)

八村塁の話「楽しかった。どれだけ走ってゴールに向かえるか、積極的にできるかが、この試合の鍵だと思った。みんな頑張ったと思う。僕の目標としてはどんどん自分でも結果を残して、(オールスター戦にも)出られればいい」

  • 米国選抜の若手と対戦する「ライジング・スターズ」を前に練習する世界選抜の八村=シカゴ(共同)