2020.2.15 05:01

昨年NHK杯3位の畠田、通信制高校に進学/体操

昨年NHK杯3位の畠田、通信制高校に進学/体操

 体操女子で昨年のNHK杯で3位に入った15歳の畠田千愛(ちあき、セントラルスポーツ)が中学卒業後の4月から通信制の第一学院高に進むことが14日、関係者の話で分かった。

 1992年バルセロナ五輪団体総合銅メダリストで日体大の男子を指揮する好章監督(47)を父に、元ユニバーシアード代表でコーチの友紀子さん(46)を母に持つ。期待のホープは競技に専念できる環境に進み、4歳上の姉で昨秋の世界選手権代表の瞳(セントラルスポーツ)とともに今夏の東京五輪出場を目指す。