2020.2.14 10:59

サブリコバ、6度目のV「滑りに満足」/スピード

サブリコバ、6度目のV「滑りに満足」/スピード

 スピードスケートの世界距離別選手権は13日、米ソルトレークシティーで開幕し、女子3000メートルで高木菜那(日本電産サンキョー)は4分3秒36で13位だった。酒井寧子(富士急)は18位。マルティナ・サブリコバ(チェコ)が3分54秒25で6度目の優勝を果たした。

 女子3000メートルは世界記録保持者のサブリコバが2年連続6度目の頂点に立った。今季好調のブロンディン(カナダ)と同走で中盤まで競り合いながら勢いに乗り、最後は3秒以上も突き放した。「激しく、いいレースだった。満足している」と笑みを浮かべた。

 32歳の長距離の女王は11度目のタイトルが懸かる第3日の5000メートルでも、自身の世界記録に挑戦する。「もっとレースを楽しみたい」と尽きない情熱を言葉にした。(共同)