2020.2.14 10:21

高木菜那、緊張で不完全燃焼「思い切り挑戦する気持ちを持たないと…」/スピード

高木菜那、緊張で不完全燃焼「思い切り挑戦する気持ちを持たないと…」/スピード

女子3000メートルで13位だった高木菜那=ソルトレークシティー(共同)

女子3000メートルで13位だった高木菜那=ソルトレークシティー(共同)【拡大】

 スピードスケートの世界距離別選手権は13日、米ソルトレークシティーで開幕し、女子3000メートルで高木菜那(日本電産サンキョー)は4分3秒36で13位だった。酒井寧子(富士急)は18位。マルティナ・サブリコバ(チェコ)が3分54秒25で6度目の優勝を果たした。

 女子3000メートルの高木菜は自己記録の更新を狙ったが、0秒11遅れた。今大会最初のレースで緊張から消極的になり、序盤のスローペースが最後まで響いたという。不完全燃焼に終わり「もっと思い切り挑戦する気持ちを持たないといけなかった」と反省した。

 2年前の平昌冬季五輪で団体追い抜きとマススタートの2冠を達成し、その後は個人種目のレベルアップを目標にしている。今季は徐々に状態を上げていただけに、悔しいスタートとなった。世界記録の更新を狙う第2日の団体追い抜きへ「一つ一つ整理しながら切り替えていきたい」と自らを奮い立たせた。(共同)