2020.2.13 05:02(1/2ページ)

元WBCフライ級王者・比嘉、計量一発クリア!13日、1年10カ月ぶり復帰戦/BOX

元WBCフライ級王者・比嘉、計量一発クリア!13日、1年10カ月ぶり復帰戦/BOX

前日計量をクリアした比嘉。元世界王者が完全復活を目指す (撮影・尾崎陽介)

前日計量をクリアした比嘉。元世界王者が完全復活を目指す (撮影・尾崎陽介)【拡大】

 プロボクシングの元WBC世界フライ級王者、比嘉大吾(24)=白井・具志堅スポーツ=が12日、約1年10カ月ぶりとなる13日の復帰戦(東京・後楽園ホール)の前日計量に臨んだ。2018年4月には体重超過により王座を剥奪された経緯があったが、今回は対戦相手とともに一発でパスした。

 悪夢の計量失格から約1年10カ月。リミットを100グラム下回る53・8キロで一発クリアした比嘉は充実した表情を浮かべ、報道陣を相手にジョークも飛び出した。

 「計量オーバーを期待していました?」

 119ポンド(約53・9キロ)契約の8回戦で行われる復帰戦は、フライ級リミットの50・8キロから約3・1キロの余裕があった。「約2年ぶりの減量なので、最後の方はきつかった。でも3キロの差は大きい」。最大で約68キロあったという体は、見事に仕上がっていた。

【続きを読む】

  • 前日計量をクリアした比嘉大吾(左)と対戦相手のブエナオブラ