2020.2.10 05:01

高安、日本大相撲トーナメント連覇「大関目指す」

高安、日本大相撲トーナメント連覇「大関目指す」

大相撲トーナメントで優勝し、インタビューに答える高安=両国国技館

大相撲トーナメントで優勝し、インタビューに答える高安=両国国技館【拡大】

 第44回日本大相撲トーナメント(9日、両国国技館)優勝は関脇高安(29)が昨年に続き大会6人目の2連覇を果たし、十両は貴源治(22)が制した。

 前回王者の関脇高安が決勝で妙義龍を押し出して連覇。優勝賞金250万円を獲得した。「初場所よりいい相撲を取れました。気持ちよく来場所に向かえる」。初場所は6勝9敗と負け越したが、春場所に向けて大きく弾みをつけた。「気持ち的には一からという感じ。大関を目指して精進したい」と決意を新たにした。

3回戦で高安に敗れた初場所優勝の徳勝龍「強かったですね。優勝は過去のことなので、春場所に切り替えてやっていく」

 

  • 決勝で妙義龍(右)を押し出しで破り優勝した高安=両国国技館
  • 大相撲トーナメントで優勝し、トロフィーを受け取る高安=両国国技館