2020.2.5 05:02(2/2ページ)

阿炎、SNS研修「爆睡していた」…自らの不謹慎動画が発端なのに

阿炎、SNS研修「爆睡していた」…自らの不謹慎動画が発端なのに

研修会に出席した横綱白鵬(前列左端)ら。マスクを着けていれば居眠りも目立たない?

研修会に出席した横綱白鵬(前列左端)ら。マスクを着けていれば居眠りも目立たない?【拡大】

 背景には、阿炎が昨年11月の九州場所直前、十両若元春(当時)の口を粘着テープでふさぎ、腕や足を縛ってふざける動画をインスタグラムに投稿した件がある。協会は不謹慎な行為として両力士を口頭で厳重注意。2人は八角理事長(元横綱北勝海)を訪ねて謝罪し、反省文も提出した。これを機に個人的な投稿は禁止された。

 ところが、研修を終えた阿炎は「寝ていたので何も聞いていない。爆睡していた」と口にした。本人は軽口のつもりでも慎まなければならない表現がある。力士を守るために周知徹底を図る協会との温度差が歴然となった。禁止措置は無期限で継続される。

★暴力問題などの注意喚起も

 研修会は不祥事の再発防止を目的に、一昨年から非公開で定期的に開かれている。この日は親方、力士、行司らすべての協会員が出席。冒頭の八角理事長の講話では「たった一人の過ちが全体に迷惑をかける」と言動、行動への注意喚起がなされたという。講師が招かれ、繰り返される暴力問題の個別の事例をひいて責任、自覚が促された。研修会は7日まで行われる。

  • 小結阿炎