2020.2.4 05:04(1/2ページ)

徳勝龍、近大マグロごっつぁんです!三役食って春場所「暴れる」

徳勝龍、近大マグロごっつぁんです!三役食って春場所「暴れる」

近大マグロを贈られた徳勝龍(中央)。春場所では土俵で“大物”を食らう!(撮影・岡田茂)

近大マグロを贈られた徳勝龍(中央)。春場所では土俵で“大物”を食らう!(撮影・岡田茂)【拡大】

 大相撲初場所で20年ぶりの幕尻優勝を果たした西前頭17枚目の徳勝龍(33)が3日、東大阪市内の母校・近大で行われた「優勝報告会」に臨み、近大マグロ一本をプレゼントされた。同マグロを使った恵方巻きをかぶりつき、運気もアップ。前頭5枚目以上に番付が上がり、上位陣との対戦が増える見込みの春場所(3月8日初日、エディオンアリーナ大阪)での大暴れを誓った。

 近大マグロごっつあんです!! 母校・近大での優勝報告会に臨んだ徳勝龍が、ビッグなご褒美にまん丸な顔をほころばせた。テレビカメラ10台、約1000人のファンを前に、地元関西で開催される春場所での大暴れを誓った。

 「次は横綱、大関、三役と当たると思います。しっかり準備して、けがなく、大阪場所の土俵で暴れられたらいい」

 3年もので重量47キロ、全長142・3センチ、約30万円のマグロを丸ごとゲット。「近大マグロはおいしいと聞いているので、どうやって食べようか悩んでいます。すぐ東京で食べたい」とニッコリ。好きな部位は一本のマグロから2つしかとれない希少部位の「カマトロ」。赤身は鉄分、とろの部分には必須脂肪酸「DHA」が豊富で、母校の後押しもパワーに変えて浪速の土俵へ備える。

 真価が問われる戦いが待っている。平成12年春場所の貴闘力(東前頭14枚目)以来、20年ぶりの幕尻Vを果たした初場所で三役以上との対戦は千秋楽の大関貴景勝戦のみだった。春場所では前頭5枚目以上に番付が上がることが確実で、横綱、大関戦が組まれる可能性はより高まる。

 「自分らしく、気合の入った基本は前に出る相撲で。応援してあげようといわれるような、力士になりたいです」

【続きを読む】

  • 恵方巻きをほおばる徳勝龍。春場所へ運気もアップ!
  • 初場所中に急逝した伊東監督の遺影
  • 「近大マグロ」が入った恵方巻きを手に、笑顔を見せる徳勝龍関=3日、大阪府東大阪市