2020.1.26 05:03(1/3ページ)

松田瑞生、3戦3勝の無敵カラフルネイルで五輪つかむ!/マラソン

松田瑞生、3戦3勝の無敵カラフルネイルで五輪つかむ!/マラソン

カラフルな爪を披露する松田。“必勝ネイル”で東京五輪切符をつかむ(撮影・鳥越瑞絵)

カラフルな爪を披露する松田。“必勝ネイル”で東京五輪切符をつかむ(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 東京五輪女子代表の残り1枠を争う「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ」の2戦目、「第39回大阪国際女子マラソン」(サンケイスポーツなど主催、奥村組協賛)は26日、ヤンマースタジアム長居発着で開催される。2018年大会女王の松田瑞生(24)=ダイハツ=は勝率100%の“必勝ネイル”で臨む。

 戦いの舞台に地元・大阪を選んだ以上、負けるわけにいかない。前日の最終調整を終えた松田の目は自信でみなぎっていた。

 「(調子は)みんな『普通です』とか言うじゃないですか。レース前に『調子がいい』とか誰も言わないですよ。良くても絶対に隠しますよ。上々です!!」

 東京五輪の代表権獲得につながる女王の座を本気で狙っているからこそ、保険をかけるような言葉が出るはずもなかった。

 気持ちを高めるためのルーティンのひとつが、レースに出場する際にだけ行うネイルアートだ。今回のテーマは「カラフル」。2017、18年の日本選手権1万メートル連覇へとつながっただけでなく、2年前の大阪国際でも施して初マラソン初優勝を達成した。これまで3戦3勝の勝率100%と、最強のゲン担ぎだ。昨年9月のMGCは優勝をつかむために金色にして臨んだが4位。“原点回帰”し、18年日本選手権と全く同じ配色で臨む。

【続きを読む】

  • 大阪城公園内で前日練習を行う松田。表情には自信があふれる
  • 大阪国際女子マラソンコース