2020.1.23 05:02(1/2ページ)

関学大アメフト部、大村アシスタントHCの新監督就任発表「鳥内さんよりは論理的(笑)」

関学大アメフト部、大村アシスタントHCの新監督就任発表「鳥内さんよりは論理的(笑)」

特集:
アメフト
関学大キャンパスで所信表明した大村新監督。名門の進化へ意欲をみせる

関学大キャンパスで所信表明した大村新監督。名門の進化へ意欲をみせる【拡大】

 関学大アメリカンフットボール部は22日、大村和輝アシスタントヘッドコーチ(48)が2月1日付けで新監督に就任すると発表した。兵庫・西宮市の同大で大村新監督は会見。28年間率いた名将・鳥内秀晃前監督(61)から名門継承、そしてさらなる強化を目指す。

 緊張感を見せず大村新監督は堂々と第一声だ。

 「長い間鳥内さんがやってこられた。しっかりバトンを受け継ぎ、新しいことにチャレンジし、進化させたい」

 2009年のアシスタントヘッドコーチ就任以来、11年間で7度甲子園ボウル制覇と、鳥内前監督を支えてきた。トレーニング、戦術などチーム作りの根幹を担ってきた参謀への既定路線の禅譲で、会見に同席しなかった名将からは「あと頼んだで」の一言だけだったという。

 「鳥内さんよりは論理的に物を考える」と笑いを誘いながら、「そのあとでやりにくいとは思っていない。言ってもしようがないから」という。掲げたテーマは「勝率100%への努力」という究極の理想だ。

 「勝つべくして勝つ。そこに達したことは1度もない。胸を張ってそう言えるチームができたらうれしい」

【続きを読む】

  • 監督就任会見を行ったアシスタントヘッドコーチの大村和輝氏(中)。左は池埜聡部長、右は小野宏ディレクター=関西学院大(撮影・岡田茂)
  • 監督就任会見を行う大村和輝アシスタントヘッドコーチ=関西学院大(撮影・岡田茂)