2020.1.23 18:02

五輪予選中止を正式通知 ボクシング、新型肺炎で

五輪予選中止を正式通知 ボクシング、新型肺炎で

 日本ボクシング連盟は23日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がる中国湖北省武漢市で2月に開催予定だった東京五輪アジア・オセアニア予選の中止が国際オリンピック委員会(IOC)から正式に通知されたと発表した。新たな開催地や日程は決定次第、IOCが発表する予定。

 選手にも説明があり、アスリート委員会委員長で男子ライト級の成松大介(自衛隊)は「充実した練習を積み重ねて、時期や場所が決まれば最終調整をして結果につなげるだけ」とコメントした。内田貞信会長は「今できることに全力で取り組む」とし、本博国強化委員長は「選手には丁寧に説明して前向きな考えを持たせたい。できるだけ早くアジア・オセアニア予選の情報を発信してほしい」とした。

 関係者によると、航空券のキャンセル料を同連盟が負担する可能性があるなど、影響は各方面に広がっている。