2020.1.20 19:16

八角理事長、V争いは混戦「貴景勝もまだ1差だし、面白い」/初場所

八角理事長、V争いは混戦「貴景勝もまだ1差だし、面白い」/初場所

特集:
貴景勝
突き落としで貴景勝を破った正代=両国国技館(撮影・桐原正道)

突き落としで貴景勝を破った正代=両国国技館(撮影・桐原正道)【拡大】

 大相撲初場所9日目(20日、両国国技館)大関貴景勝は正代に突き落とされて2敗に後退した。正代と徳勝龍の平幕2人が1敗を守って首位。かど番大関の豪栄道は炎鵬に押し出されて3勝6敗となった。

 宝富士に押し出されて6敗目の関脇高安は10勝が条件だった1場所での大関復帰を逃した。関脇朝乃山は小結大栄翔を下して6勝3敗とした。

 2敗で追うのは貴景勝と豊山、輝の平幕2人。十両は元大関の照ノ富士が9連勝として単独首位を維持した。

八角理事長(元横綱北勝海)の話「正代はいい時はどんどん力が出る。立ち合いが良かった。炎鵬はいつも通りの相撲を取った。自信が付くのではないか。優勝争いは混戦になる。貴景勝もまだ1差だし、面白い。大関には頑張ってほしい」

9日目結果へ10日目取組へ

  • 豪栄道を押し出す炎鵬=両国国技館(撮影・矢島康弘)
  • 上手投げで大栄翔を下す朝乃山=両国国技館(撮影・桐原正道)
  • 高安(手前)が押し出しで宝富士に敗れる=両国国技館
  • 遠藤を突き出す阿炎=両国国技館(撮影・桐原正道)