2020.1.19 15:45

青学大・原監督、区間新続出の都道府県対抗駅伝は「好循環になる大会に成長」

青学大・原監督、区間新続出の都道府県対抗駅伝は「好循環になる大会に成長」

青学大・原監督

青学大・原監督【拡大】

 中学生から社会人までがたすきをつなぐ第25回全国都道府県対抗男子駅伝は19日、広島市平和記念公園前発着の7区間、48キロで開催され、長野が自県の持つ大会記録を1分32秒更新する2時間17分11秒で3年ぶりに優勝、令和最初の王者となった。8度目の優勝で大会最多記録を更新した。

 青学大の原晋監督(52)はこの日、ツイッターで「広島男子駅伝長野県チーム8回目の優勝おめでとう! 大会新、区間新も続出! 長距離界の普及→強化→進化好循環になる大会に成長しましたね」と評価した。