2020.1.19 15:30

長野、大会新で8度目V 全国都道府県対抗男子駅伝

長野、大会新で8度目V 全国都道府県対抗男子駅伝

第25回全国都道府県対抗男子駅伝でゴールする長野のアンカー中谷雄飛=19日、広島市の平和記念公園

第25回全国都道府県対抗男子駅伝でゴールする長野のアンカー中谷雄飛=19日、広島市の平和記念公園【拡大】

 中学生から社会人までがたすきをつなぐ第25回全国都道府県対抗男子駅伝は19日、広島市平和記念公園前発着の7区間、48キロで開催され、長野が自県の持つ大会記録を1分32秒更新する2時間17分11秒で3年ぶりに優勝、令和最初の王者となった。8度目の優勝で大会最多記録を更新した。

 長野は6区で吉岡大翔(川中島中)が区間新記録の走りで首位に立ち、アンカーの中谷雄飛(早大)がリードを守った。

 17秒差の2位は兵庫で、3位は埼玉。昨年、東北勢初制覇を果たした福島は14位にとどまった。

長野・高見沢勝監督の話「中高生が非常に良い走りをした。選手たちは、昨年の台風で被災した方々に元気や勇気を与えたいと思って走った」

  • 大会新記録で優勝し、胴上げされる長野のアンカー中谷雄飛=広島・平和記念公園