2020.1.17 22:14

日本、満足の好発進/ハンド

日本、満足の好発進/ハンド

 ハンドボール男子のアジア選手権は17日、クウェート市近郊で行われ、東京五輪に開催国枠で32年ぶりに五輪出場する日本は1次リーグ初戦で中国に39-16で快勝し、2次リーグ進出を決めた。

 日本は中国を大差で下し、2次リーグ進出を決めた。主将の土井は「(初戦を)どれだけいい形で終わらせるかで、この大会全体が変わってくると話し合っていた。立ち上がりとしてはなかなか良かったので満足」と好発進にうなずいた。

 18日は強敵のカタールとぶつかる。シグルドソン監督は「アジアで一番強いチーム。結果にかかわらずベストな試合をしたい」と話し、ベテランの渡部(トヨタ車体)は「自分たちがアジアでどれだけの立場か確認できると思う」と静かに闘志を燃やした。(共同)