2020.1.16 17:31

ジュニア男女は中学生がV/卓球

ジュニア男女は中学生がV/卓球

ジュニアの部男子シングルスで優勝した吉山僚一=丸善インテックアリーナ大阪

ジュニアの部男子シングルスで優勝した吉山僚一=丸善インテックアリーナ大阪【拡大】

 卓球の全日本選手権第4日は16日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、ジュニアの部シングルスの男子は決勝で吉山僚一(愛知・愛工大名電中)が小学6年で12歳の松島輝空(木下グループ)に勝って優勝した。女子は大藤沙月(ミキハウスJSC)が制した。

 ジュニアは男女ともに15歳の中学生が制した。男子の吉山は快進撃を見せた小学6年の松島に逆転勝ち。中学2年の秋に埼玉県から強豪の愛知・愛工大名電中に転校して力をつけ「高校生が強いので、中学生で優勝できたのを誇りに思う」と喜んだ。

 女子は昨年準優勝の大藤が制した。決勝で対戦したカット主戦型の小塩対策として、スマッシュの練習を積んできたと明かし「対策が試合でできたのがよかった。とてもうれしい」と初々しく話した。

  • ジュニアの部男子シングルスで優勝し、トロフィーを手にする吉山僚一=丸善インテックアリーナ大阪
  • ジュニアの部女子シングルスで優勝した大藤沙月=丸善インテックアリーナ大阪
  • ジュニアの部女子シングルスで優勝し、トロフィーを手にする大藤沙月=丸善インテックアリーナ大阪