2020.1.16 18:55

昨年のドラフト全体1位、ウィリアムソンが23日のスパーズ戦でデビューへ/NBA

昨年のドラフト全体1位、ウィリアムソンが23日のスパーズ戦でデビューへ/NBA

 米スポーツ専門局ESPN(電子版)は15日(日本時間16日)、プロバスケットボールNBAの2019年ドラフトで、全体1位指名を受けてペリカンズに入団したルーキー、ザイオン・ウィリアムソン(19)が、22日(同23日)に本拠地で行われるスパーズ戦でプロデビューする予定であると、チームのデビッド・グリフィン副社長が明かしたと報じた。

 全米注目のルーキーがついにそのベールを脱ぐ。ESPNは「ペリカンズの副社長を務めるグリフィン氏がこの日、ウィリアムソンが22日に行われる本拠地でのスパーズ戦でのデビューを見込んでいる」と報じた。

 ウィリアムソンはシーズン開幕を間近に控えた昨年10月21日(同22日)、右膝半月板の手術を受けた。当初は復帰まで全治6~8週間とされていたが、予定よりも大幅に遅れていた。ウィリアムソンは手術を受ける前、4試合のプレシーズンマッチに出場し1試合平均23・3得点をマークしていた。

 ペリカンズは今季ここまで15勝26敗で、西カンファレンス13位と低迷している。