2020.1.11 12:03

萩野公介、年末年始も順調に練習「どのぐらいのタイムが出るのかも知りたい」/競泳

萩野公介、年末年始も順調に練習「どのぐらいのタイムが出るのかも知りたい」/競泳

特集:
萩野公介
東京都新春水泳競技大会に出場した萩野公介

東京都新春水泳競技大会に出場した萩野公介【拡大】

 競泳の東京都新春水泳競技大会第1日目が11日、東京辰巳国際水泳場で短水路(25メートルプール)で行われた。

 2016年リオデジャネイロ五輪男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(25)=ブリヂストン=は、同種目に出場。4分6秒13で、冬場の強化期間を感じさせるタイムだった。

 萩野は「きつすぎました。練習しながらのレースでタイムは遅いけど、気をつけなければいけないところは意識できた」。年末年始は体調不良や故障もなくきつい練習を順調にこなし、徐々に手応えもつかんでいる。今後出場する大会でもすべてで400メートル個人メドレーに出場する意向で、「(毎回)どのぐらいのタイムが出るのかも知りたいし、好きな種目なので」と笑顔を浮かべた。

 同種目は昨年12月、瀬戸大也(25)=ANA=が米ラスベガスでの国際大会で3分54秒81の世界記録をマークしている。