2020.1.4 05:04(1/2ページ)

青学大・原監督、信念貫きV!活動「批判する人もいた」/箱根駅伝

青学大・原監督、信念貫きV!活動「批判する人もいた」/箱根駅伝

特集:
箱根駅伝
青学大のアンカー、湯原は笑顔でゴール。東海大から王座を奪還した (撮影・桐原正道)

青学大のアンカー、湯原は笑顔でゴール。東海大から王座を奪還した (撮影・桐原正道)【拡大】

 第96回東京箱根間往復大学駅伝復路(3日、箱根・芦ノ湖-東京・大手町、5区間=109・6キロ)青学大・原晋監督(52)がチームを2年ぶり5度目の総合優勝に導いた。メディアを通じての歯に衣(きぬ)着せぬ発言で批判を受けることもあったが、信念を貫き、総合王座を奪還。競技のさらなる発展のため改革に燃える指揮官は、国立競技場を箱根駅伝の発着点とする案があっても良いと主張した。

 愛のムチにくらいついてきた選手たちの手で、原監督が優勝回数の5度、新春の空を舞った。くすぶる4年生の成長のため、心を鬼にして接してきた1年間。最後の箱根路で輝きを放った教え子をねぎらった。

 「無理を言ってきた4年生に感謝の気持ちでいっぱい。かっこいい4年生たちでした」

 区間記録を持っていた3人を含む昨年の主力が抜けた。「2区は、5区は、山下りは…」。主要区間を託す選手を育てようにも、最上級生は自覚を欠いた。「去年の4年は人間的にも優秀だった」。自主性を重んじてきた就任16年目の指揮官が「君臨型」で指導にあたった。

 積極的なメディア露出で持論を発信するのは、陸上界の発展のため。昨年5連覇を逃し、その姿勢を「批判する人もいた」。それでも信念は曲げない。「優勝しないと改革もできない」。2年ぶりに王座を奪還して掲げたのが、国立競技場を箱根駅伝の発着点とする案だ。

 昨年末、東京五輪の陸上の舞台でオープニングイベントが開かれた。参加アスリートは桐生祥秀(日本生命)ら陸上選手のみならず、サッカー元日本代表FW三浦知良(横浜FC)らも。嵐らトップアーティストがライブで熱唱し、約6万人の興奮を呼んだ。

【続きを読む】

  • アンカーの湯原を待つ青学大の原監督(前列左から5人目)やメンバー。満面の笑みを浮かべて手招きした(撮影・加藤圭祐)
  • ゴール地点に到着し声援に応える青学大・原監督
  • トップでゴールした湯原慶吾(中)を抱きしめる青学大・原晋監督(左は鈴木塁人)=大手町
  • 5度目の優勝を果たし、指でポーズをとる青学大・原晋監督=大手町
  • 総合優勝を決め、選手に胴上げされる青学大・原晋監督=大手町
  • 5度目の総合優勝を果たし、ポーズを取る青学大の原晋監督(後列左から4人目)と選手たち=東京・大手町(撮影・福島範和)
  • 10区湯原慶吾のゴールを前にポーズを取る青学大・原晋監督=東京・大手町(撮影・福島範和)
  • 選手に声をかける青山学院大学・原晋監督(撮影・塩浦孝明)=横浜市戸塚区
  • 1位でゴールする青山大の湯原慶吾=東京・大手町(撮影・桐原正道)
  • 1位でゴールする青学大10区の湯原慶吾=東京・大手町(撮影・福島範和)
  • トップで10区・湯原慶吾(右)にたすきをつなぐ青山学院大学9区・神林勇太=横浜市・鶴見中継所(撮影・斎藤浩一)
  • 青山学院大学9区・神林勇太にたすきをつなぐ、8区・岩見秀哉(撮影・塩浦孝明)=横浜市戸塚区