2019.12.31 18:57

井岡一翔、初防衛に成功!無敗挑戦者シントロンに判定勝ち/BOX

井岡一翔、初防衛に成功!無敗挑戦者シントロンに判定勝ち/BOX

5R 攻める井岡一翔=大田区総合体育館(撮影・福島範和)

5R 攻める井岡一翔=大田区総合体育館(撮影・福島範和)【拡大】

 プロプロボクシング・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ(31日、東京・大田区総合体育館)王者・井岡一翔(30)=Reason大貴=が、同級1位のジェイビエール・シントロン(24)=プエルトリコ=に3-0で判定勝ち。初防衛に成功した。

 井岡が4階級制覇王者の貫禄を示した。シントロンは2012年ロンドン、16年リオデジャネイロと五輪2大会に出場。これまでプロ12戦11勝(1無効試合)と負けなしの強敵を退けた。 

 10月から約2カ月間行った米ラスベガスでの合宿ではロンドン、リオデジャネイロで五輪連覇を果たしたロベイシ・ラミレス(26)=キューバ=ら、身長やリーチで上回る選手とスパーリングを重ね、約6年ぶりの対サウスポーに意識を向けてきた。

 6月に日本男子初の4階級制覇を達成。一般女性と再婚し、8月に第1子となる長男・磨永翔(まなと)くんが誕生と公私ともに充実。自身8度目となる大みそか決戦で、令和元年の大トリを勝利で飾った。