2019.12.16 21:00

31歳鈴木雄介「諸先輩方のように壁になる」 年間表彰式で最優秀選手/陸上

31歳鈴木雄介「諸先輩方のように壁になる」 年間表彰式で最優秀選手/陸上

日本陸連の年間表彰式で最優秀選手に輝き、笑顔を見せる男子50キロ競歩の鈴木雄介=16日、東京都内

日本陸連の年間表彰式で最優秀選手に輝き、笑顔を見せる男子50キロ競歩の鈴木雄介=16日、東京都内【拡大】

 日本陸連の年間表彰式「アスレティックス・アワード」が16日、東京都内で開かれ、今秋の世界選手権の男子50キロ競歩で金メダルを獲得した鈴木雄介(富士通)が最優秀選手に輝いた。鈴木は「ずっと狙ってきた賞をやっと獲得できたうれしさでいっぱい」と笑みを浮かべた。

 鈴木は日本陸連の年間表彰式に初めて出席した2011年に、男子ハンマー投げの室伏広治氏が最優秀選手に選ばれたのを見て以来、獲得を狙っていたという。31歳のベテランは受賞のあいさつで年下の選手に向け「先輩の方々が私の思いを阻んできた。諸先輩方のように壁となって、この賞をもらえるように努力し続けたい」と宣言した。

 代表に決まっている東京五輪に向けては「もちろん金メダルを目指してやるが、(日本)チームとして表彰台を独占して日本の強さを見せつけたい」と話した。

  • 日本陸連の年間表彰式で最優秀選手に輝き、あいさつする男子50キロ競歩の鈴木雄介=16日、東京都内