2019.12.15 05:01

亀梨和也は江戸川区で 聖火ランナー、有名人続々と“内定”

亀梨和也は江戸川区で 聖火ランナー、有名人続々と“内定”

 人間じゃなきゃダメ-。2020年東京五輪の聖火リレーで自治体が推薦枠で地元ゆかりの著名人を推す中、熊本県が大会組織委員会に打診していたPRキャラクター「くまモン」の参加が断られていたことが14日、分かった。聖火ランナーの参加要件は08年4月1日以前に生まれた「人」とされているためで、関係者は「熊本の人気者だけに走ってほしかったんですが…」と残念がった。

 くまモンはNGだったが、聖火ランナーにはタレントやスポーツ選手ら有名人も続々と“内定”している。東京都内では来年7月に15日間をかけて全市区町村を回るが、各自治体枠には地元ゆかりの著名人が。府中市はラグビー日本代表のリーチ・マイケル主将(31)、墨田区は大相撲の横綱白鵬(34)、目黒区はプロ野球巨人の原辰徳監督(61)。芸能人でも、東村山市は志村けん(69)、世田谷区は石川さゆり(61)、江戸川区に亀梨和也(33)らが入っている。