2019.12.12 19:05

亀田和毅、協栄ジムとの契約を解除していた/BOX

亀田和毅、協栄ジムとの契約を解除していた/BOX

特集:
亀田和毅
亀田和毅

亀田和毅【拡大】

 プロボクシングの元世界2階級制覇王者の亀田和毅(28)が、所属していた協栄ジムとの契約を3月26日付で解除していたことが12日、わかった。

 協栄ジムは金平桂一郎会長(54)が9日、ジム会長らで組織する東日本ボクシング協会(東京・文京区)へ休会届を提出し、プロ活動休止となっているが、亀田は既に協栄ジムを離れていた。

 亀田は7月13日(日本時間14日)に米カリフォルニア州カーソンで行われたWBC世界スーパーバンタム級王座統一戦に、WBC世界同級暫定王者として臨み、同級王者のレイ・バルガス(29)=メキシコ=に0-3の判定で敗れ、王座から陥落した。その時には国内の所属先がない状態だったことになる。

 亀田は現在、名伯楽のイスマエル・サラス・トレーナー(62)に師事し、米ネバダ州ラスベガスで練習を積んでいる。日本選手が国内で試合をするためには、日本ボクシングコミッションのクラブオーナーライセンスを所持するオーナーを置く、国内のボクシングジムに所属している必要があるため、亀田は現状では海外でしか試合ができない。