2019.12.12 05:01

筑波大・金丸が2区志願!4年生唯一のメンバー入り「後ろにつなげる」/箱根駅伝

筑波大・金丸が2区志願!4年生唯一のメンバー入り「後ろにつなげる」/箱根駅伝

特集:
箱根駅伝
26年ぶりに箱根駅伝への出場を決め、最後の調整に余念がない筑波大駅伝チーム=11日午後、つくば市天王台(篠崎理撮影)

26年ぶりに箱根駅伝への出場を決め、最後の調整に余念がない筑波大駅伝チーム=11日午後、つくば市天王台(篠崎理撮影)【拡大】

 来年1月2、3日に行われる第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(往路107・5キロ、復路109・6キロ)に26年ぶりに出場する筑波大が11日、茨城・つくば市のキャンパスで取材に応じ、4年生でただ一人、エントリー選手に入った金丸逸樹が2区を志願した。

 「エース区間の2区を走りたい。4年生の私が責任を持って、後ろの区間につなげる」

 6月にトラックレースを優先したい主将の4年生ら数名が駅伝から離れた。それからは3年生とともに「本気で箱根を目指しているのか」と19日間、選手だけでミーティング。ウオーミングアップから私生活まで、なおざりにしてきた部分を指摘し合った。前身の東京高等師範学校時代に第1回大会で優勝。「新たな歴史を作りたい」と力走を誓った。(武田千怜)