2019.12.8 05:04(1/2ページ)

チェンは遠く…羽生、43・87差で2位/フィギュア

チェンは遠く…羽生、43・87差で2位/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
羽生結弦
羽生は渾身(こんしん)の演技で逆転を狙ったが、チェンに完敗。表情に疲労感と悔しさがにじんだ (共同)

羽生は渾身(こんしん)の演技で逆転を狙ったが、チェンに完敗。表情に疲労感と悔しさがにじんだ (共同)【拡大】

 フィギュアスケート・GPファイナル最終日(7日、トリノ)男子でショートプログラム(SP)2位の羽生結弦(25)=ANA=はフリーも2位の194・00点となり、合計291・43点で2位だった。4連覇した2016年大会以来3年ぶりの出場だったが、男女を通じて史上初の5度目の頂点には届かなかった。SP1位のネーサン・チェン(20)=米国=がフリーも1位の224・92点をマークし、合計335・30点で3連覇。フリー、合計の得点で自身が持つ世界最高を更新した。

 力は残っていなかった。右膝で立ち、左腕を振り上げるフィニッシュを決めきれず、羽生が銀盤に崩れ落ちる。10秒、いや15秒。うずくまったまま動けない。死力を尽くしたものの、宿敵チェンには届かなかった。

 「実りある試合でした。勝負には負けたけど、自分の中の勝負には勝てた。ネーサンが素晴らしい演技をしなければ強くなろうと思えなかった。感謝しています」

 誕生日を祝うボードが客席で揺れる。この日、一つ年を重ねたスケーターは攻めに攻めた。現行ルールでは初めて4種類5本の4回転を投入。パスポートの盗難に遭ったため、合流が遅れたジャンプコーチのジスラン・ブリアン氏と握手を交わし、リンクに繰り出した。

 冒頭の4回転ループに続き、試合で2年ぶりに封印を解いた4回転ルッツも鮮やかに決める。前半は完璧な流れながら、終盤にかけて息が切れた。4回転トーループを皮切りとした3連続技は3本目が回転不足に。最後に予定したトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の連続技は単発の1回転半にとどまった。

【続きを読む】

  • ネーサン・チェン(AP)
  • 記者会見を前に写真に納まる(左から)2位の羽生結弦、優勝したネーサン・チェン、3位のケビン・エイモズ=トリノ(共同)
  • 男子フリー4回転ルッツを跳ぶ羽生結弦=トリノ(共同)
  • 男子フリーの演技を終え、リンクに膝をつく羽生結弦=トリノ(共同)
  • 男子フリーの得点を確認し、さえない表情の羽生結弦(左)=トリノ(共同)
  • 男子フリーの演技を終え、厳しい表情の羽生結弦=トリノ(共同)
  • 男子フリージャンプする羽生結弦=トリノ(共同)
  • 男子フリー演技する羽生結弦=トリノ(共同)
  • 男子フリー演技する羽生結弦=トリノ(共同)
  • 男子フリー演技する羽生結弦=トリノ(共同)
  • 男子フリー演技する羽生結弦=トリノ(共同)
  • 男子フリー演技する羽生結弦=トリノ(共同)