2019.12.8 05:03(1/2ページ)

【2位一問一答】羽生「めちゃくちゃ悔しいし、今に見ておけ」

【2位一問一答】

羽生「めちゃくちゃ悔しいし、今に見ておけ」

特集:
羽生結弦
羽生はSP首位のチェンを逆転すべく、魂のこもった演技をみせた (共同)

羽生はSP首位のチェンを逆転すべく、魂のこもった演技をみせた (共同)【拡大】

 フィギュアスケート・GPファイナル最終日(7日、トリノ)男子フリーが行われ、羽生結弦(25)=ANA=は合計291・43点で2位だった。ルッツ、ループ、サルコー、トーループの4回転を演目に入れて逆転を狙ったが、終盤に予定した2連続のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で単発の1回転半になるミスが出た。演技後は悔しさをにじませた。SP1位のネーサン・チェン(20)=米国=がフリーも1位の224・92点をマークし、合計335・30点で3連覇。(鈴木智紘)

 --振り返って

 「まあ、こんなもんだろうなって思ってました。(SPで)コーチが来られなかったのは残念でしたけど、僕はそれで跳べなかったとは思わない。そういう意味でも成長できた」

 --前半の4回転ジャンプで頭の体力を使った

 「疲れますよね。この構成で滑り込んでいるわけではないので。でも前半に関してはできた。ここからまた強くなれる一歩にはなったかな」

 --朝の公式練習では4回転ルッツを跳べなかった。決めた手応えは

 「もちろん感じましたけど、スケートっていうのは、全部跳べて全部きれいにプログラムとしてまとまってナンボ。その点は悔しいです」

【続きを読む】

  • 演技後は思わず氷上に倒れ込むように、肩で息をしていた(AP)