2019.12.8 05:00

【トリノからボンジョルノ】「ビチェリン」が心と体を癒やしてくれた

【トリノからボンジョルノ】

「ビチェリン」が心と体を癒やしてくれた

ビチェリン

ビチェリン【拡大】

 かつてない味わいが口の中に広がった。わずかな苦みと上品な甘さ。トリノ名物として知られるコーヒーとホットチョコレートを混ぜた飲み物「ビチェリン」が、心と体を癒やしてくれた。

 取材の合間を縫い、中心街にある有名カフェ「アル・ビチェリン」に足を伸ばした。1763年創業の老舗は混み合い、30分ほど待って店内へ。クッキーとのセットを注文し、9・5ユーロ(約1141円)だった。

 グラスの上から牛乳、コーヒー、ホットチョコレートが三層になっており、混ぜずに飲む。歴史を感じさせる店内で過ごしたひとときは幸せだった。 (智)