2019.12.8 05:01(1/2ページ)

協栄ジム活動休止へ…金平会長が9日にも休会届提出 オーナー側は否定のコメント/BOX

協栄ジム活動休止へ…金平会長が9日にも休会届提出 オーナー側は否定のコメント/BOX

協栄ジム・金平会長

協栄ジム・金平会長【拡大】

 プロボクシングの協栄ジム(東京・新宿区)が活動休止となることが7日、分かった。金平桂一郎会長(54)が9日にも、ジム会長らで組織する東日本ボクシング協会へ休会届を提出する見通し。同会長とジムを運営するオーナーとの“確執”が背景にあるとみられ、ジム側は活動休止を否定するコメントを発表。名門ジムが危機的状況に陥っている。

 具志堅用高ら13人の世界王者を生んだ名門ジムがプロ活動休止となる。金平会長はこの日、「ジムの実質的な経営を任せていたオーナーと私で行き違いになり、溝が生まれたため」と明かした。

 金平会長は9日にも休会届を提出する予定だ。一方、協栄ジムはこの日も通常営業しており、スタッフは「昨夜聞いて冗談かと思った。選手がかわいそう」と戸惑いの表情。公式ホームページでは「活動休止を予定している事実もございません」と否定のコメントを発表した。

 関係者によると、金平会長と実質的オーナーとの金銭面を含めた確執が理由だという。ライセンスを保持している金平会長が休会届を提出すれば、受理される見通し。

【続きを読む】