2019.12.7 23:00

尾川堅一、負傷判定引き分けに涙「子供にベルトの約束をしていた」/BOX

尾川堅一、負傷判定引き分けに涙「子供にベルトの約束をしていた」/BOX

負傷判定引き分けに終わった尾川堅一(右)とジョー・ノイナイ

負傷判定引き分けに終わった尾川堅一(右)とジョー・ノイナイ【拡大】

 プロボクシングのWBOアジア・パシフィック・スーパーフェザー級タイトルマッチが7日、東京・後楽園ホールで行われた。挑戦者で同級1位の尾川堅一(31)=帝拳=は、同級王者のジョー・ノイナイ(24)=フィリピン=と5回2分7秒負傷判定引き分けに終わった。偶然のバッティングによるノイナイの負傷のため。ノイナイは2度目の防衛。

 両者がバッティングのため目の上をカット。鮮血滴る試合となった。1回はノイナイが強烈な左のボディーストレートなどで主導権をつかんだ。そこから2回にまず、ノイナイが左目の上をカット。3回には尾川が眉間の右よりを切り、4回にはノイナイが左目の上、額よりをカットした。

 すべてバッティングによるもので、尾川は「どうしてもサウスポー(ノイナイ)と右(尾川)だから頭が当たるのは仕方がない」と話したが、5回途中に、ノイナイの4回の傷によりレフェリーストップとなった。

 「くやしい。子供にベルトの約束をしていた。リングを下りてベルトは?と言われた」

 言葉を詰まらせ、涙をこらえながら明かした。「KOがベストだが、勝つことが一番次につながる」とこのタイトルを獲得し、来年の世界再挑戦を見据えていただけに、手痛い足踏みとなった。

 2017年12月に米国でIBF世界同級王座決定戦を制した後、禁止薬物に陽性反応があったとして試合は無効となり、1年間のライセンス停止処分を受けた。今年2月に復帰。7月に予定されていたIBF世界同級挑戦者決定戦が9月に延期となり、さらにその試合が流れた。その直後はモチベーションが下がったというが、すぐに気持ちを切り替えて練習に励んできた。

 そんな中決まったこのタイトルマッチ。「今日まで命をかけて、積みあげてきた」と並々ならぬ決意で試合に臨んだが、負傷判定引き分けに「もうちょっとやりたかった。12回やってドローならまだ自分自身の物足りなさがわかるが、中途半端に終わって」と無念さをにじませた。

  • 流血する尾川堅一
  • 試合後、控室で取材を受ける尾川堅一