2019.12.6 20:38

羽生結弦、公の場で4回転半初挑戦「練習していただけ」/フィギュア

羽生結弦、公の場で4回転半初挑戦「練習していただけ」/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
羽生結弦

 フィギュアスケート・グランプリファイナル 第2日(6日、イタリア・トリノ)男子ショートプログラム(SP)2位の羽生結弦(ANA)が7日のフリーに向けて会場で公式練習を行い、前人未到のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑戦した。公の場では初披露。3度挑み、いずれも転倒だった。「ただ練習していただけです」と語った。

 SP首位のネーサン・チェン(米国)には12・95点差をつけられた。これまでで羽生史上最大の逆転劇は、ヘルシンキで行われた2017年の世界選手権。首位と10・66点差のSP5位と出遅れたが、フリーで当時の世界最高を塗り替える223・20点をマークした。

 それを上回るチェンとの大差をひっくり返すためには、フリーで攻めるしかない。17年のロシア杯以降、試合で組み込んでいない4回転ルッツの投入に意欲を示す。