2019.12.6 05:01

尚弥、ロマチェンコとの“夢対決”に思い/BOX

尚弥、ロマチェンコとの“夢対決”に思い/BOX

井上尚弥(左)とロマチェンコ(右)=東京都文京区(撮影・塩浦孝明)

井上尚弥(左)とロマチェンコ(右)=東京都文京区(撮影・塩浦孝明)【拡大】

 プロボクシングのライト級世界3団体統一王者、ワシル・ロマチェンコ(31)=ウクライナ=が5日、東京都内で開かれたWBO(世界ボクシング機構)の総会に出席し、年間最優秀選手として同団体から表彰された。

 初来日のロマチェンコは、印象に残る日本選手として2012年ロンドン五輪でともに金メダルを獲得した村田諒太の名前を挙げ、「強くてパンチ力のある好きな選手」と称賛した。

 総会ではバンタム級の世界2団体統一王者、井上尚弥(26)=大橋=と初対面。井上は「階級を上げて将来的に(闘う)というのもなくはない」と“夢対決”に思いをはせた。

  • 井上尚弥(左)とロマチェンコ(右)=東京都文京区(撮影・塩浦孝明)