2019.12.4 19:48

五輪休戦決議9日採択へ 国連総会、森会長が説明

五輪休戦決議9日採択へ 国連総会、森会長が説明

 外務省の大鷹正人外務報道官は4日の記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックの期間に合わせて武力紛争を控えるよう呼び掛ける休戦決議案が、米ニューヨークで9日に開かれる国連総会で採択される見通しだと発表した。大会組織委員会の森喜朗会長が登壇し、決議案を説明する。

 決議案は、国連加盟国に休戦を求めるほか、東京大会のコンセプトや日本政府主導の国際貢献事業「スポーツ・フォー・トゥモロー」の活動実績を盛り込んだ。「復興五輪」の理念を踏まえ、東日本大震災に対する支援への謝意も伝える。

 五輪休戦決議は1994年開催のリレハンメル冬季五輪に向け初めて採択された。それ以降、五輪前年の採択が恒例になっている。