2019.12.4 16:13

八村、センターで初先発 右足負傷のブライアントは3週間欠場の見込み/NBA

八村、センターで初先発 右足負傷のブライアントは3週間欠場の見込み/NBA

マジック戦の第1クオーター、シュートを決めるウィザーズの八村=ワシントン(共同)

マジック戦の第1クオーター、シュートを決めるウィザーズの八村=ワシントン(共同)【拡大】

 米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁(21)が3日(日本時間4日)、本拠地で行われたマジック戦で負傷によりこの日から欠場したトーマス・ブライアント(22)に代わって、NBAデビュー以来初のセンターのポジションで先発。自己最多となる4アシストを含む15得点、6リバウンドで、チームは120ー127で敗れた。

 米スポーツ専門局ESPN(電子版)によると、1日(同2日)に行われたクリッパーズ戦で右足に痛みを訴えたブライアントは検査の結果、ストレス性によるものだと判明。チームは今後3週間欠場する見込みであることを発表した。ブライアントは今季これまで1試合平均13・9得点、8・5リバウンド、2・7アシストをマーク。

 ブルックス監督はこの日のマジック戦の試合前の会見で、ブライアントに代わって八村をセンターで起用すると明かしたが、今後もしばらく八村を同ポジションで先発させる可能性がある。

  • マジック戦の第2クオーター、ファウルを受けるウィザーズの八村(中央)=ワシントン(共同)
  • マジックに敗れ、引き揚げるウィザーズの八村=ワシントン(共同)