2019.12.1 14:20(2/2ページ)

【大会結果】藤本拓、日本勢最高2位も大迫の日本記録に届かず/マラソン

【大会結果】

藤本拓、日本勢最高2位も大迫の日本記録に届かず/マラソン

2位でフィニッシュし、顔をしかめる藤本拓=福岡市中央区の平和台陸上競技場(撮影・村本聡)

2位でフィニッシュし、顔をしかめる藤本拓=福岡市中央区の平和台陸上競技場(撮影・村本聡)【拡大】

   1キロ 先頭集団が2分57秒で通過

   5キロ 先頭集団が14分51秒で通過。川内は第2集団につける

  10キロ 先頭集団が29分48秒で通過。川内は第3集団につける

11・6キロ 先頭集団につける藤本がスペシャルドリンクを取り損ねる

  15キロ 先頭集団が44分42秒で通過

15・9キロ 川内が第3集団から遅れ始める

  18キロ 川内と先頭集団との差は約1分30秒

  20キロ 先頭集団が59分42秒で通過

   中間点 先頭集団が大迫の日本記録を上回る1時間3分2秒で通過。日本勢は藤本、佐藤、市田孝(旭化成)の3人がつける

  25キロ 先頭集団が1時間14分35秒で通過。市田が遅れ始める

  27キロ 佐藤が先頭集団から遅れ始める

  30キロ ペースメーカー2人が離れ、藤本とダザの一騎打ちに。1時間29分33秒で通過。大迫の日本記録を13秒上回る

30・3キロ 藤本がダザから遅れ始める

  35キロ ダザが1時間44分41秒で通過。藤本は1時間45分12秒で通過

36・4キロ 4位につけていた佐藤が大幅にペースダウン。足を止める場面も見られた

  40キロ ダザが2時間15秒で通過。藤本は2時間1分47秒で通過

  • スタートする藤本拓(#21)=福岡市中央区の平和台陸上競技場(撮影・村本聡)
  • 優勝したモロッコのエルマハジューブ・ダザ=福岡市中央区の平和台陸上競技場(撮影・村本聡)