2019.11.26 17:56

平岡アンディ、トップランク社と契約「叫びたいぐらいうれしかったです」/BOX

平岡アンディ、トップランク社と契約「叫びたいぐらいうれしかったです」/BOX

トップランク社と契約を結んだ平岡アンディ(大橋ジム提供)

トップランク社と契約を結んだ平岡アンディ(大橋ジム提供)【拡大】

 大橋ボクシングジムは26日、所属するプロボクシングIBF世界スーパーライト級14位の平岡アンディ(23)が米興行大手のトップランク社と契約を結んだと発表した。契約期間などは非公表。平岡が30日(日本時間12月1日)に米ネバダ州ラスベガスで、同級ノンタイトル8回戦としてロヘリオ・カサレス(29)=米国=と対戦し、米国デビューすることも発表した。

 トップランク社は、WBA世界ミドル級王者の村田諒太(33)=帝拳、WBA、IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(26)=大橋、前WBO世界スーパーフェザー級王者の伊藤雅雪(28)=横浜光=らが契約しているが、日本タイトルも獲得していない日本選手との契約は異例。

 今月24日に渡米した平岡は「素晴らしいプロモート会社とこんなに早く契約できるとは思っていなかったです。今まで以上に気持ちを引き締めたいです。米国デビュー戦もラスベガスと大橋会長から聞いたとき、叫びたいぐらいうれしかったです。以前、ラスベガスに滞在してスパーリングした経験もありますし、100%以上の力が出せそうです。今はすごく試合を楽しみにしていますので、応援よろしくお願いいたします(原文ママ)」とコメントを発表した。

 平岡は、元アマチュアボクサーでガーナ系米国人の父と日本人の母を持つ。4歳でボクシングを始め、10歳のころには、TBSテレビ系で放送されていた『さんまのスーパーからくりテレビ』に「気弱なボクシング少年アンディ君」として出演した。2013年12月に花形ジムからプロデビュー。14年11月に東日本ライト級新人王となった。16年9月に大橋ジムへ移籍。17年11月に日本スーパーライト級ユース王座を獲得し、1度防衛した。プロ戦績は14戦14勝(9KO)。

 所属ジムの大橋秀行会長(54)は「7月ぐらいにトップランク社から契約の話が届きました。アンディには日本人にはないタイミング、バネの効いたパンチングがあります。またTBS系列で放送された『さんまのスーパーからくりテレビ』にもアンディ君として登場し、当時は弱気な設定でしたが今は強気なボクサーになりました。アンディについて米国内ではバスケットボール八村塁選手、女子テニス大坂なおみ選手のようなユニコーンと報道されていますし、私は本当にそのような存在になってほしいと思っています(原文ママ)」とコメントを発表した。

  • 渡米する平岡アンディ(左)と父でトレーナーのジャスティス・コジョ氏(大橋ジム提供)