2019.11.22 18:47

吉田実代、初防衛戦は大みそか「身が引き締まる思い」/BOX

吉田実代、初防衛戦は大みそか「身が引き締まる思い」/BOX

大みそかに初防衛戦に臨む吉田実代

大みそかに初防衛戦に臨む吉田実代【拡大】

 プロボクシングのWBO女子世界スーパーフライ級王者の吉田実代(31)=EBISU K’sBOX=が22日、東京・渋谷区の所属ジムで会見を行い、12月31日に東京・大田区総合体育館で初防衛戦を行うことを発表した。JBC非公認タイトルのWBC女子アジア同級王者のシー・リーピン(21)=中国=と対戦する。

 WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(30)=Reason大貴=の初防衛戦、WBO世界フライ級王者の田中恒成(24)=畑中=の3度目の防衛戦とのトリプル世界タイトルマッチとなる。

 過去に大みそかに行われた日本女子選手の試合は、ノンタイトルマッチ8試合で、世界戦は初。「大みそかにまさか自分ができるとは思っていなかった。特別な興行で、身が引き締まる思い。相手も良い選手だが、必ず防衛する」と意気込みを語った。

 吉田は6月に世界初挑戦で10回判定勝ちを収め“世界一強いシングルマザー”となった。その時と同様に今回も11月8日から娘の実衣菜(みいな)ちゃん(4)を鹿児島市の実家に預けて調整中。「今回は一緒に東京で過ごして世界戦を迎えようかと思ったが、娘が私はおばあちゃんのところに行っても大丈夫。そのかわりに勝ってねと言ってくれた」とまな娘の言葉で、より一層頑張ろうと思えたという。

 現在は週に1度、自衛隊体育学校に出向き、アマチュアトップクラスの選手とスパーリングを行っている。今後は169センチと長身のシー・リーピンを想定して、男子選手とのスパーリングも行う予定。「このチャンスを無駄にしないように、女子ボクシングもがんばっているというところを見せたい」と女子ボクシング界を牽引(けんいん)するという自覚も芽生えた。最愛の娘のためにも必ず初防衛を果たす。